世界のカジノ

世界最大のカジノ大国と言えばアメリカですが、カジノは世界中にあります。このページでは世界の色々なカジノについてご紹介していきたいと思います。

アメリカのカジノ

Golden Nugget (ラスベガス)

1946年に建てられたGolden Nuggetは2419の部屋があるラグジュアリーホテル&カジノとして知られており、ダウンタウンラスベガスでは最大のカジノ、そして最も古いカジノの一つです。このカジノはゲームのバラエティさが売りのカジノなので、あなたのお好みのゲームが必ず見つかるでしょう。Golden Nuggetでは特にバカラが人気があるようです。

Borgata (アトランティックシティ)

ニュージャージー州のリゾート地、Atlantic Cityはラスベガスに続くカジノで有名なリゾート地です。その中で最も人気の高いカジノ/ホテルがBorgataで、4000のスロットマシン、200のテーブルで様々なゲームを楽しめます。ウルフギャング・パック、ボビー・フレイといった有名シェフのレストランが入っていることからも、このカジノホテルの質の高さがうかがえます。

メキシコのカジノ

メキシコのリゾート地、カンクンでは数年前までギャンブルが違法でしたが、2013年から合法化されました。昼間はきれいなビーチでカリブ海の太陽を浴びて、夜はカジノで楽しむなんていうのも最高のバケーションになりそうですね。

通貨はメキシコ・ペソですが、カジノでは外貨両替のレートは悪いそうなので、事前に両替していくことをお勧めします。Dubai Palce Casino、Casino Palace、Playcity Sports Bettingなどがカンクンで人気のカジノです。

ヨーロッパのカジノ

カジノと聞くと何よりもまずラスベガスを想像してしまいますが、ヨーロッパにもカジノは昔からありました。現在でも人気のあるカジノはヨーロッパにたくさんあります。ここでは、そのいくつかを見てみましょう。

Casino di Campione (イタリア)

Casino di Campioneは、ヨーロッパ最大のカジノで、北イタリア、スイス国境付近、コモ県の基礎自治体であるカンピョーネ・ディターリアにあるルガーノ湖のほとりに建てられています。

1917年に建てられましたが、第一次世界大戦中に貴重な情報を保持している外交官を呼び寄せる目的もあったようです。

2007年には新しい場所に移動し、スイス人建築家のマリオ・ボッタ氏がデザインを担当しました。

500のスロットマシンと56のカジノテーブルゲームがあり、ルーレット、ブラックジャック、バカラなどのカジノゲームを楽しむことができます。

Casino de Monte Carlo (モンテカルロ)

映画Never Say Never Again、GoldenEye、Ocean’s Twelveといった映画のシーンにも登場したカジノで、ヨーロッパで最も有名なカジノのひとつとして有名です。

1863年にオープンした世界で最も古いカジノとしても知られており、シアターなども併設されたリゾート施設です。スロットやテーブルゲームの数は300以上。モナコ市民の入場は許されていません。

Casino Estoril (リスボン、ポルトガル)

ポルトガルの首都リスボンにあるCasino Estorilはヨーロッパ最大級のカジノです。オープンは1916年と古く、当時は第一次世界大戦の間にスパイが落ち合う秘密の場所としれ知られていました。

スロットとテーブルゲームの数はなんと1200以上で、ゲームに疲れたらレストランやバーでリラックスできます。

Resorts World Birmingham(バーミンガム、イギリス)

上記の3つのカジノと比べると新しいカジノで、オープンは2015年です。このイギリス最大のカジノは、リゾート型施設の一部で、バー、レストラン、スパ、映画館、4つ星ホテル、ショップなどが併設されています。スロットとテーブルゲームの数は200以上です。

アジアのカジノ

The Venetian Macao (マカオ)

Resorts World Birmingham(バーミンガム、イギリス)

The Venetian Macaoはマカオのコタイ地区にある世界で最大のカジノホテルとして知られています。経営はアメリカのカジノリゾート会社Las Vegas Sandsで、世界各地で有名リゾートを所有しています。

アメリカでは、ラスベガスのThe VenetianとThe Palazzo、ペンシルベニア州のSands Casino Resort Bethlehem。アジアではマカオにSands Macao、Sands Cotai Central、The Venetian Macao、The Plaza Macao、Four Seasons Hotel Macao、The Parisian Macaoといった施設を構えており、日本でも知られているシンガポールのMarina Bay SandsがアジアにおけるLas Vegas Sandsの最新の施設です。

マリーナベイ・サンズ (シンガポール)

2010年4月にオープンしたシンガポールのマリーナベイ・サンズは優雅な高級リゾート地として知られています。

ホテルには2500の部屋があり、展示場、シアター、美術館、ショップなども隣接、レストランの数は50にのぼります。

カジノに関しては、2500のゲームと700のゲームテーブルが4つのフロアに設置されています。ゲームの種類は、バカラ、ルーレット、シックボー、シンガポールスタッドポーカー、ノンコミッションバカラ、マネーホイールなどをプレイできます。

シンガポール国籍のビジターは24時間のアクセスで$100がかりますが、国外からの訪問者は無料で入場できます。

フィリピン

フィリピンでは1976年にPhilippine Amusement and Gaming Corporation (PAGCOR)が創設されて以来、ギャンブルは合法化されています。フィリピンのギャンブル市場は、アジアで最も成長が著しいとレポートされています。

フィリピンの代表的なカジノは、

Solaire Resort and Casino Paranaque
City of Dreams Manila Paranaque
Resorts World Manila Pasay
Okada Manila Resort & Casino Paranaque
Casino Filipino Cebu City.

などがあります。